引き寄せの法則の基本のキ。「源(ソース)」と自分との関係性の理解が、すべての出発点です。

宇宙と私 引き寄せの法則 基礎編

なんで私がこんな目に合わないといけないの?一体、どうしたらそれが叶うの?こんな人生もう嫌だ!と、人生のうち、1度や2度思うことはあるのではないでしょうか。

わたし
わたし

いやいや、むしろ、もうありすぎて、もういい加減にしてよ!と思った方もいるかもしれませんね~。

わたし自身もそれはもういろいろありまして、とにかく!!人生なんとかしたいということで、自己啓発から引き寄せの法則や潜在意識、自分原因、統合などスピリチュアルまで、いろいろなことをひたすら調べて学んできました。

しかし数年間ひたすら調べても学んでも、全然全体像がみえない。。。知識ばかりが増えて、現実もたいして変わってない気がする。そんな悶々とした日々を過ごしていました。

しかし、あるとき本当に唐突に、エイブラハムの伝える「引き寄せの法則」について深い理解が落ちてきたのです。

それはなぜかというと、引き寄せの法則でいう「源(ソース)」と呼ばれているものに対しての、理解ができたから、でした。

この源(ソース)について、そして源(ソース)と自分との関係を理解することは、エイブラハムの伝える「引き寄せの法則」を全般的に理解して、使いこなしていくためには、本当はめっちゃくちゃ大事なところなのです。

この「源(ソース)」と、「源と自分」との関係性は、エイブラハムの伝えてくれている引き寄せの法則、においての基礎であり、あらゆるところで、これを前提に話されているからです。

ただ、この内容は、早く引き寄せの法則のテクニックを使って、自分の望みや願いを叶えたい!っていう人には、こんな内容どうでもいいから早くやり方教えてよ!と飛ばされかねない内容でもあるかもしれません(笑)

しかし、ここが理解できれば、「引き寄せの法則」の中の他の話も、かなり理解できるようになっていきます!

なので今回はその源(ソース)についての基本のキを、めちゃくちゃ丁寧にお伝えしますので、しっかりと押さえていきましょう!

引き寄せの法則の超大事すぎる項目【源(ソース)】と自分との関係について理解しよう

赤ちゃん

エイブラハムの引き寄せの法則って、なかなか内容自体が抽象的な部分もあり、わかりにくい部分もあるのですが、伝えていることはもうめちゃくちゃにシンプルなんですよね。

しかし、その抽象的なものの中でも超基礎的な部分であり、引き寄せの法則全体に渡りこの理解が大前提な内容があるのです。

それが目に見えないエリアにある【源(ソース)】と今、ここにいる目に見える自分との関係についての内容になります。

あなた方は、確かに見ての通り、物質界の環境の中の「存在」だ。しかし、実は物質世界の目で見るより、はるかに大きな存在でもある。本当はあなた方は「見えないソースエネルギー」の延長でもあるのだ。

言い換えれば、そのもっと広い中で、古くて賢い(見えない)あなた方というソースエネルギーが1点に集中し映像を結んでいる。その映像が今、あなた方が知っている自分という物質世界の存在なのだ。

あなた方が本当は何者であるか、そしてどうすれば物質世界の体に宿った目的を知ることができるかを真に理解するためには、「見えない部分」と「見える部分」という両方の視点と、その相互関係を理解することが不可欠だ。

引き寄せの法則 エスタ―ヒックス ジェリーヒックス

では、まずその源(ソース)というものはなんなのでしょうか。

これを一言でいうのは難しいのですが、あえて言うのなら「すべての存在を存在させているもの」と表現したいと思います。

それはものでもなく、場所でもなく、空間でもなく、しかし、それらすべてである、みたいなやつです。

わたし
わたし

初っ端から抽象すぎてごめんなさい(笑)

本当は物凄く難しい科学的な言葉で説明できるのかもしれませんが、それを理解しようとしたら、おそらく一生が終わってしまうでしょう。

なので、もう概念としてそういう感じのものなんだって丸のみする感じで、一旦受け入れてください。それで大丈夫なので。

そして、これは「大いなるひとつ、ソース、全体、神、ゼロポイント、空」など様々なところで、様々な表現をされています。

たとえば量子力学でもゼロポイントフィールドという、すべてが生成消滅するフィールド、すべての素粒子が生まれ消滅すると説明されている場があります。

それが引き寄せの法則では「源(ソース)」と表現されていたり、仏教では「空」と表現されていたり、スピリチュアルではよく「ひとつ」「全体」等と言われているだけで、細かな表現の違いはあれど、同じものを指しているんですよね。

なので、ここについての理解が進むと、一気にいろいろなスピリチュアルのことについても理解できてくるかもしれません。

ただ、その「源」についての説明の仕方がどのジャンルでどのように表現されるか、それは結構違いがありますので、自分がどの分野のどういう表現なら理解できるか、まずそれを大事にしてみてください。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、とにかくこの源(ソース)は、すべての存在が生まれ消滅しているエネルギー体そのものです。ここからすべてが生み出されているのです。

よくわからなくても、目に見えないエリアに、そういう源(ソース)というものがあるんだ、とまずは受け入れてしまいましょう。これはもう大前提なので(笑)

大前提である、ここの認識ができたら、その源(ソース)と今、ここに身体をもって存在している私たち、との関係とはどういうものか、についても理解しやすくなります。

では次に、その源(ソース)と私たちの関係、についてお伝えしていきますね。

源(ソース)についての理解ができると、引き寄せの法則だけではなく、スピリチュアルで言われている、大いなる一つ、空、全体、神、ゼロポイントなどについても理解できてくる。

源(ソース)と私たちとの関係とはどういう関係なのか?

2人の赤ちゃん

先ほど「源(ソース)」についての説明をしましたが、エイブラハムが伝えている引き寄せの法則では、「源(ソース)」と「今ここにいる私たち」との関係性を、下記のように表現しています。

あなたがたは確かに見てのとおり、物質世界の環境の中の「存在」だ。しかし実は、物質世界の目で見るよりはるかに大きな存在でもある。

本当はあなたがたは「見えないソースエネルギー」の延長でもあるのだ。言い換えれば、そのもっと広やかで古くて賢い「見えない」あなたがたというソースエネルギーが一点に集中し、映像を結んでいる。

皆さんに理解してほしいのは、皆さんは「永遠の存在」だということです。皆さんは死んだり生きたりするのではありません。

天使になったり、死すべき人間になったりするのではありません。あちらで「源」と一緒になり、こちらで「源」から離れたりするのではありません。

皆さんは常にソースエネルギーなのです。皆さんのほとんどは波動で、皆さんが自分として知っている物質世界の「存在」や周りの物質世界の集積は、皆さんが生きているこの素晴らしい世界に生み出した波動が解釈されたものなのです。

皆さんは思考の「最先端」の物質世界の身体に焦点を結んで、ここにいるのです。皆さんがここにいるのは素晴らしいことです。だが、皆さんのすべてがこの物質世界の身体にやってきているのではないことに、ぜひ気づいてほしいのです。

この全てというのは集団としての皆さんのすべてという意味ではなく、皆さん一人ひとりの全て、という意味です。皆さんのもっとも大きな部分は安定し、「見えない世界」にいて、「純粋」で「ポジティブ」で、「神の力」であり、「源」「愛のエネルギー」です。

それが皆さんの「本当の自分」で、その意識の一部がこの物質世界に投影されているのです。

このようにエイブラハムは様々な表現で、源(ソース)とわたし達の関係性を伝えています。

そして、ここで一番理解してもらいたい内容としては、私たちという存在は「源(ソース)」そのものであり、「源(ソース)が物質化された一部」である、ということです。

わたし
わたし

これ、エイブラハムは、さらっと説明しているのですが、ちゃんと理解すると、めちゃくちゃすごいことなんですよ!

たとえば図で表現するとこんな感じです(つたない絵ですみませぬ。。。。)

源(ソース)とは

私たちと、源(ソース)は決して別物でもなければ、死んでからそうなるものではないのです。

よく、死んでからわたしたちはひとつに戻る、みたいな話を聞いたことがあるかもしれませんが、そうではないのです。

今も、この瞬間だって繋がっているし、というか、今、ここにいる私たち自身が「源(ソース)の一部」でもあり「源(ソース)」なのです。

私たちは、生まれる前からも、そして生まれて今、ここにいるときも、源(ソース)と離れたことはないし、別物になったこともないし、源(ソース)と切り離されたことも、ありません。

ここは、本当に引き寄せの法則を理解するのに、めちゃくちゃ大事なポイントなんです!!!

とにかく、この「源(ソース)と私たちの関係」についての理解も、引き寄せの法則の全体像を理解していく上で、超!大事になるので、何度でも読んでみてくださいね。

私たちは源(ソース)が創造した存在であり、また源(ソース)の一部でもある。

私たちは、生まれる前からも生まれた後も、源(ソース)から切り離されたことはない。生まれる前からも死んでからも、ずっと繋がり続けている。

源(ソース)はなぜ私たちを創造したのか?

空と子ども

さて、源(ソース)については、なんとなく私たち自身も源であって、その一部なんでしょということは理解していただけたかと思います。

つぎは、そもそもなぜ源(ソース)から私たちが生まれたのか、そこも大事なので、その大まかなことについてお伝えしていきますね。

まず、先ほどからお伝えしているように、私たち1人1人の存在は、もともとは「ひとつのもの(源)」であり、その源(ソース)から派生して生まれています。

生まれたというか、わたしたちは源(ソース)であるので、切り離されることは一度してなく、常に繋がっていて源(ソース)の一部です。

わたし
わたし

エイブラハムは、そのあり様について、私たち人間を源(ソース)の思考の最先端、とも表現しているよ。

まず、私たちが生まれた事の発端なのですが、もともと源(ソース)は「大いなる1つ」とも表現されるように、たったそれしかない状態でした。

ということは、源(ソース、全体、大いなるひとつ)は、それそのものだと、それ自体がどういうものなのかが分かりません。そのなかになにが内包されているのかも分かりません。

たとえば、太陽は太陽だけしか存在しなかったら、それが太陽だとは理解できませんよね。月があったりするから、それとは違う太陽(自分という存在)を認識できるのです。

太陽みんないる

つまり、源(ソース)が見る視点と源(ソース)が見られる視点、という見る、見られるの視点がなければ、それがなにか、あるのか、ないのから全く分からないのです。

(ここらへんはややこしいので、ニュアンスでなんとなくで捉えてください笑)

そして、さらに源(ソース)には「体験」するための「時間」がなく、瞬時に意識した瞬間にそれが叶う、「それそのもの」になってしまうので、やはり「叶う」ということも、新しいものになったことも、わかりません。

つまり「叶う」「そうである」ということも、「叶わない」「そうではない」体験があるからこそ、ようやく初めてわかるのです。

源(ソース、全体、大いなるひとつ)は、その、あるけどない、の状態から、ある時、源とはなんであるのか?源のなかには何が内包されているのか?源自身がその源という存在を、自分の中のものすべてを知りたいと望みました。

わたし
わたし

これが宇宙の始まりの瞬間、ともいえるかもね~。

しかし、先ほども説明したように、源が源であるままでは、そして波動が波動のままではそれを繊細に感じることはできません。

そこで、源が思考を集中して、源とはなにであるのかを知るために、波動に応じて様々なものに物質化させて存在させたもの内の1つが、あなたであるのです。見るもの、見られるものの存在です。

他の物質もそうです、さまざまな波動のものが物質化していますが、ほかの物質も源(ソース)から生まれています。

(余談ですがこの源(ソース)そのものの意識に限りなく近づけたときに、わたしたちは、ワンネスという感覚を感じるのかもしれません。わたしはまだ感じられたことないですが(笑))

これが、源が私たちを生み出した理由であり、始まりだったのです。

さて、このように「源(ソース)」が初めて、自分のことを知りたいと意図したことで、様々な存在が源(ソース)から生み出された訳なのですが、わたしたちが、物質界で物質として存在するためには、あることが必要でした。

それは源(ソース)の超高波動のままでは、物質化できないため、私たちという存在を創るには、ソースの波動よりも、だいぶ波動を重たくして、落としていく必要があったのです。

そして、わたしたちはたくさんのエゴを生み出し、地球に存在するネガティブと呼ばれる重たい波動も刻みつけて、波動を落とすことに成功しました。

最終的には、源(ソース)の時のままでは体験できなかった体験をたくさんすることで、もともとすべてを創造できる存在である、ということを忘れるまでに至ったほどです。

またこのような体験をさせてくれる場所も必要です。それが「地球」でした。

地球儀

「地球」という存在は、わたしたちが源(ソース)のままではできない、あらゆる「体験」ができるように、時間と空間というものと、また2極(陰陽、ポジティブ、ネガティブ、男女など)がある場所として、私たちの遊び場を用意してくれたのです。

わたし
わたし

実はこれは地球だからこその特有のルールであり、そのルールが通用しない星もあるよ

これらすべてが整い、私たちはちゃんとそのルールを承知のうえ、地球に新たな体験をたくさんするために、ここにやってきたのです。

これは、源(ソース)の存在そのものであるときには、けして体験できないことばかりですよね。

まさに地球は、元々がなんでもできる、創造できる最高の存在が、それを忘れて、なにもできない、創造できない、と思い込み勘違いして、ネガティブな感情を味わえる遊び場だったのです。

あえてその地球に人間として生まれたからこそできる、超貴重な体験をしたいがために、わたしたちは、波動を自ら落とすと決めて、そして自分が何者であるのかもわざわざ忘れたのです。

わたし
わたし

これってすごいことだと思いませんか(笑)

私たちはこのようにして、この物質世界で、様々な体験をするなかで、もうこんなのは嫌だ!からもっとこうしてみたいまで、叶うまでのプロセスを体験して味わうことができ、またこうした極と極のなかで、さまざまなことを「望む」「願う」という事をすることができるようになりました。

これこそが、まさに源(ソース)が私たちという存在をつくった理由だったのです。

源(ソース)は、自分の分身でもある私たちを通して、私たちの体験すべてから、源(ソース)というものが、擬人化して例えるのならば、自分とは何者か、自分にはどんな性質があるのか、そのすべてを知りたかったのです。

本当にすごいことですよね。ここのところも、なんとなくでもいいので、意識してみてください。

源(ソース)は”それ”しか存在しなければ、”それ”が何か分からない。しかし源(ソース)は源(ソース)とは一体”何”であるかを知りたくなった。その中にどんなものが内包されているのか知りたくなった。そのために「源」から観察できる「私たち」を創造した。

源(ソース)自体は超高波動のため、カタチをもたない。人間を創造するためには、源(ソース)の波動からだいぶ離れて物質化させていく必要があった。

また、源(ソース)から限りなく離れた対極とも呼べる波動をも体験することで、源(ソース)が何たるかも分かるため、その対極のネガティブな波動を体験して楽しんできた。そして遂には自分が源(ソース)であることすら、忘れていった。

 

源(ソース)が私たちを創造した、もうひとつの理由。

美しい空2

そして、実は上記に挙げた内容以外にも、私たちという存在には、源(ソース)の成長と拡大に貢献する、という役割があります。

それはどんな事かというと、実は私たちが「願い」「望む」という行為によって、宇宙の拡大と成長に貢献できる、という性質を持っていたのです。

わたし
わたし

もう、びっくりですよ。この仕組みについては、長くなってしまうので、別のところで説明していきますね~。

ただ、なぜその役割が私たちにあるのか、というとをお伝えすると、今まで説明してきた通り、この地球に生まれているからこそ、私たちは「望み」「願う」ことを明確にすることができるからです。

たとえば、すべてが均一で等しくて満たされていて差がない世界では、とても穏やかかもしれませんが、逆にいうと、望むものがよくわからないし、望まないものもよくわからない、そもそもなかなか「望みや願い」というものが生まれないかもしれません。

でも、上記でお伝えしてきた通り、コントラスト豊かな、この地球という時空間では、自分の望むもの望まないものを、とても明確にすることができる世界です。

そのときに生まれていく願いや、望み、そしてすべての体験、その思考(波動)は、わたしたちと繋がっている源(ソース)へとどんどん付け加えられて、さらに源の拡大、成長へと繋がります。

そして宇宙の流れには、愛と成長と拡大しかないのですが、わたしたちが「望み」「願う」ことは、その流れに乗ることでもあり、その拡大と成長に貢献していることでもあるのです。

だから、ほんとうは自分で自分の願いや望みを打ち消すことほど、宇宙の流れに逆らうこともないのですよ。

もっとたくさん願って望んで叶えていっていいのです。それは源(ソース)にとっても、必要なことなのですから。

とにかく、源(ソース)にとって私たちの存在とは、自分と繋がりながら、自分の最先端で、たくさんの体験をして味わい、源(自分)は何者であるのかを教えてくれて、さらには、拡大と成長に貢献してくれる、最高の存在なのです。

私たちが、身体を持ち体験する全てのこと、望み・願うことは、源(ソース)の拡大・成長にすべて繋がっている。

そろそろ、わたしたちがここに生まれてきた目的を思い出していこう。

ジャンプ

あなたは拡大成長し、喜びに満ちた楽しい経験をするために生まれてきた。それがこの時空という現実に物質的な身体として、焦点を結んで生まれ出ようと決意したときのあなたの計画だった。

あなたはこの物質世界でワクワクする得るところの多い人生を送ろうと期待していた。言い換えれば、あなたは多様性とコントラストに刺激されて、願望が拡大することを、願望のどれも自分で楽に、そして完全に実現できることを知っていた。

さらに新しい願望の拡大に終わりはないことも知っていた。

さて、わたしたちは、あえて、ネガティブな体験や感情が味わえるこのフィールドに生まれて、本来の源(ソース)についての自分をも忘れて、なかなか叶わない、できない、という、体験をして楽しむこともしてきた、とお伝えしました。

でも、じつはこれは、もう終わりにしていいタイミングにきています。その体験の遊び方はやり尽くしてきて、いい加減、みな飽き飽きとしてきたのです(笑)

わたし
わたし

もう、そろそろ違う新しい遊び方をするときに、来ているんだよ~。

そして、そのフィールドを提供してくれていた地球自体も(この地球だからこそ、遊べてその体験ができたのです)そろそろ次の次元へと進む、と決め、大きく波動をあげていっています。

同じく、これからの、私たちは、「源(ソース)である自分」を思い出し、この身体(肉体)を持ちながら、その源(ソース)のエネルギーを上手に使いこなして、意図的に望む体験を創造していく、そういう新しい体験をしていく、と心の奥深くで決めてきています。

(もちろん、そうしない、と決めている人たちもいます。いつだって自由意志、自由選択が尊重されます。)

わたしたちは、もともと「源(ソースである)」ということを、思い出そうとしている、これ自体が、じつはすごいことなんですよね。

自分たちが何者であるかを忘れて遊べた、極から極までのプロセス、つまりネガティブからのポジティブ遊びはもうやめるっていうことですから。

身体をもちながら、物理次元にいながら、どれだけ「源(ソース)意識」に戻りながら、この人生を意図的に創造し、体験し、楽しんでいく、喜んでいく、成長拡大していく、それが今までにない新しい生き方になるのです。

これは、引き寄せの法則だけでなく、いろいろなところで、いろんな方が伝えていることです。これが所謂「目醒め」や「2極化」「次元上昇」etcというように、あらゆるところで言われ始めている現象に繋がっているのかなと思います。

わたし自身は、たまたま、その生き方がエイブラハムの「引き寄せの法則」での教えだと一番分かりやすいなと感じているのですが(あと統合とかも)、違うジャンルであっても伝えたい本質はおそらく同じですので、ぜひ、そういう視点でいろんな方のメッセージを観てみてください。

わたし
わたし

私が伝えている内容は、あくまで私が受け取っているものであるから、もし全然受け入れられない、違うと感じたら、スルーしちゃってね☆

フォーカスすればするほど、自分にとって必要な情報が入ってくるし、素敵なインスピレーションも湧いてきますよ♡

この時代は、もうネガティブな対極遊びを終えるタイミングでもある。

しかしそれは、もうやめると望んだ人たちにとってであり、まだ遊んでいたい人は遊んでいられる。すべては一人ひとりの自由選択である。源(ソース)は常に、私たちの自由選択を尊重している。

源(ソース)にとって自分が生み出した最高傑作である私たち

愛される価値がある

さて長々と述べてきましたが、「源(ソース)」とわたしたちの関係については、引き寄せの法則においては、ほかにも大事なポイントがたくさんあるので、追々お伝えしていきます。

ただそのなかでも、今回の記事でもっとも伝えたかったことは、わたしたちって、なんて素晴らしい存在なんだろう、ということです。

何度も言いますが、わたしたちは「源(ソース)」であり、源の一部、です。生まれる前から、生まれてからも、それがわたしたちの正体で本質なのです。

わたしたちは、あえて「源(ソース)」である自分とはどんなものなのか、その存在のなかには、なにが内包されているのか、その最高に素晴らしすぎる、愛そのものの、純粋なエネルギーとはなんなのか、それを確かめるために、あえてそうでないものも、体験できる場に生まれてきているのです。

なので、源(ソース)にとっては、わたしたちは、常に存在そのものが素晴らしく、最高で、大切で、愛おしくて、とにかくとにかく、まるっとすべて、まるごと、ネガティブな感情をどれだけもっていようが、なにをしようが、問答無用に全肯定、なわけなんですよね。

だって、わたしたちは、ソースであり、ソースの一部、なんですから。すべては源(ソース)のなかに、なにが存在しているのかを体験を通して確認し、望みや願いを通して、源(ソース)は拡大、成長するのですから。

この源(ソース)と物質世界の私たちの関係、そして、ソースが物質世界にいる私たちを「観察する視点」これは、引き寄せの法則を理解していくうえで、今後めちゃくちゃ大事になっていきます。

なので、ほかのことはよく分からなくても全然大丈夫なので(笑)源(ソース)と私たちの関係については、これから何度でも、ブログにも書いていくので、くりかえし意識して落とし込んでいってくださいね!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


引き寄せの法則ランキング

コメント

  1. ともこ より:

    はじめまして

    引き寄せを理解したくて、色々と本を読んだり、講習を受けたりしましたが、なかなか理解出来ませんでした。

    特に
    源ソースと私の関係、繋がりがよくわかりませんでした。

    今回さやかさんの説明で良く理解出来ました。ありがとうございます
    ここが解ると気持ちが安心しました。

    • さやか さやか より:

      ともこさん

      はじめまして!コメントありがとうございます^^

      わあ、そんな風に言っていただけて
      とってもうれしいです!!

      ソースとの関係をできるだけ分かりやすく、とは思うものの
      抽象的なので伝わるかな~と思っていたので
      そのように言っていただけると、うれしいし励みになります。

      これからも少しずつ記事を増やしていきますね♪

タイトルとURLをコピーしました