引き寄せの法則と潜在意識から、自分を愛する(自愛)について説明するよ!

自分を愛する ネガティブ対処法

引き寄せの法則や潜在意識もしくは心理学を学んでいると、「自分を愛しましょう」または「自愛」という言葉を頻繁に見かけることはないしょうか。

わたし自身も、もうどうしようもなく辛い!ということが起こり、それをなんとかしたくて必死だったとき、潜在意識のことについて学び、そこで初めて”自分を愛する(自愛)”という考え方に出会いました。

しかし、今まで他人を大切にしましょう、あまり我儘を言わないようにしましょうなどと、どちらかと言えば他人を優先したり周りに迷惑をかけないように、と小さな頃から教えられてきた人の方がおそらく多いはず。

そういう人にとっては、自愛とは、、、?と、そもそも自分を愛すること自体が、どういうことか何をしていいのかよく分からなくてさらに悩む、なんてことにもなりかねません。

でも自分を愛することって、自分の人生を望み通りに創っていく上では不可欠なことで、あらゆるすべてのことの土台でもあるんですよね。

なので、今回は自愛ってどういうことか、また引き寄せの法則や潜在意識においての自愛の役割、などについてお伝えしていきますね。

望みや願いを叶えていくのに土台となる「自分を愛すること」について理解が深まることで、自分をもっと知ろう大切にしようと思えるようになるとうれしいです。

自分を愛する(自愛)っていうことの定義について

カラフルなハート

ではまず、そもそも「自分を愛する」ということはどのような状態を意味するのでしょうか。

なんだか愛という言葉の範囲が広すぎて、抽象的で分からないよという方もいらっしゃるかもしれません。

細かい定義については人それぞれあるのかなと思いますが、まずはその定義を決めておかないと、自分は自分を愛している状態なのかどうか分からない、向かう先が分からない、自愛迷子になりかねないので、ある程度の定義づけをしていきますね。

自分を愛すること(自愛)とは

ありのままの自分をそのまま受け入れる、そして、ただ自分の内側を観察して、自分という存在を知っていって愛でる意識でいる、ということ。

です。

もう少し細かく言うと

・自分で自分のことをよく知り理解する
・自分の本音をわかっていて尊重する
・自分の望みや願いを小さなものでもちゃんと拾って尊重する
・なにができてもできなくても、あってもなくても、自分のことをただ大切だなあと思う
・ただここに存在している自分を愛おしいなあと感じれる
・根拠があってもなくても、自分のことを信じられる、自分の内側へ信頼を寄せている

でしょうか。

さらにさらに、自愛できていると、感覚でいえばなんだか理由はないけど大きな安心感がある。

大丈夫っていう安定感や、ハートのあたりがほっこりとしている感じ、願いや望みは叶ってなくても、日常が穏やかで心地よい感じで過ごせることが多くなります。

総じていうなら「なんか幸せ。なんか穏やか。なんか安心」っていう感じです。この「なんか」とか「なんとなく」とかがけっこうミソです。根拠なくてもとか最高です。

自分を愛することに関しては、いろいろなやり方もあるし捉え方がありますが、最終的にはこの状態になっていけばOKだと思ってください。

とはいえ、これだけでは、え!なにそれ、どういうこと!?という声が聞こえてきそうなので(笑)、これからより細かくお伝えしていきますね。

でもとにかく、まずは自分を愛する(自愛)とはシンプルに

ありのままの自分をそのまんま受け入れる、そして、ただ観察して、自分という存在を知っていって愛でる意識でいるということだ。

ということを覚えておいてくださいね。

ありのままの自分ってなんぞや

怒っている女の子

さて、上記でお伝えした「ありのままの自分をそのまま受け入れる」ということから説明していきます。

まず、ありのままの自分、とは本当にそのままです。

素敵で素晴らしい自分ももちろんですが、ものすごいブラックな思考を持っている自分、ブスだと思う自分、貧乏だと感じる自分、ネガティブで、友達いなかったり、引きこもり、恋人いなくて〇年、学歴がない、などなどetcな自分、、、。

そういう自分も含めての全部の面の自分ということです。

でも、私たちはネガティブと感じる自分の側面だけ、必ずダメだ、消さなきゃ、恥ずかしい、隠さなきゃと「否定」しています。

この否定は意識的だったり、無意識的だったりするのですが、そういうネガティブに感じる自分も、存在することをOKにする否定しない、ということがとても大切なのです。

例えば、2人の子供がいたとします。

1人はよくお勉強が出来て、愛想よくニコニコしていて、可愛らしくて、お友達に優しくて、モテモテのA子ちゃん。

もう1人は、お勉強ができなくて、いつも不愛想で、可愛くなくて、お友達に意地悪、そして嫌われ者のB子ちゃん。

これらの子が、自分の中に住んでいた時、私たちはついA子ちゃんを素敵だねえらいね、と褒めてちやほやしていつも表に出そうとしますよね。

しかしB子ちゃんの存在は、ダメな子!と叱り、否定し、嫌って、そして人から隠そうとしています。ひどい場合は無視です。

他人に対してはそんなひどいことなんてしない!という人も、意外に無意識で内側の自分自身にやってしまっていることが多々あるんですよね。

これは、まさに「ありのままの自分」を「そのまま」受け入れるのと反対のことです。

わたし
わたし

どんな自分でも否定しない無視しない、これが「自愛」の最初の一歩になります。

自分のことは自分自身が一番よく分かっていないもの

森の中を歩く

では次に、「自分の内側を観察して、自分の存在を知っていってただ愛でる」ということの説明です。

わたし自身、自分を愛する大切さについて知ったのは、本当にとてもとても苦しいことが起こったときでした。

この時は、もうあまりに辛くてこれをなんとかしたい!と考えて、潜在意識を変えたらうまくいくと知り、潜在意識について調べていたときに「自分を愛する(自愛)」という言葉と初めて出会ったんですよね。

わたし
わたし

最初は正直、「自愛」ってなんなんだ、そんなことよりもなんかいいメソッドとか、すぐ現実が変わる方法はないのかと必死でした(笑)

そして何よりも、それまでもいろいろなスピリチュアルなことを学んでいたので「私は私のことよく分かっているし、知っている」と思い込んでいたんです。だから「自愛」とかできているし、と思っていたのです。

しかし、実際に「自分を愛すること」に取り組んでいくと、まったく自分の内側について分かっていなかった、自分のことを知らなかったということに気づき愕然としました。

私たちの身の回りには、たくさんの情報があります。テレビ、インターネット、SNS、広告、雑誌、誰かとの会話、生きているだけでもうものすごい情報の波にさらされているのです。

そんな中で、誰かの考えが自分の考えになっていたり、誰かの欲しいものが自分の欲しいものになっていたり、何かの情報や知識が自分の中にたくさん入ってきていて、なんだか自分のことを「わかっている気」になっていることがほとんど。

外側を見ているだけでも、もう精一杯で、内側をじっくりと見る余裕がなかなかありませんし、知らず知らずのうちに「誰かの(みんなの)基準が、自分の基準」というような他人軸になってしまっていたりします。

本来はじっくりととにかく時間をかけて腰を据えて、自分と対話しないと分からないことばかりなのです。

わたし
わたし

自分のことだから、自分が一番分かっている、知っていると思っている人ほど、危ういです。案外隣の誰かさんのことよりも、自分のことを知らないかもしれません。

私たちは、自分の好きな人、大切な人のことについては、本当に関心をよく持ちよく知ろうとします。(そうでない人についても興味深々な人もいますが)

マザーテレサの有名な言葉を引用するなら「愛の反対は憎しみではない、無関心だ」というように、相手を理解したい、知りたい、繋がりたいと思うことは、私たちの深くに備わっている欲求であり、それも愛なのです。

自分に関心を持って深く知ろうとすること、繋がろうとすることは、もうそれそのものが自分に向ける愛なのです。

自分を愛するための具体的なやり方は、また追々お伝えしていきますので、まずは、この自愛の大きな柱の部分をしっかり押さえておいてくださいね。

引き寄せの法則と自分を愛すること

愛される価値がある

では、次に「引き寄せの法則」において自分を愛するという事はどんな効果があるのでしょうか。

実は、引き寄せの法則においても潜在意識においても、様々なスピリチュアルにおいても「自分を愛する(自愛)」ができていることはとても大事な土台となります。

むしろこの土台ができていないと、どんなやり方をしても効果半減かもしくは変化はなかなかないかもしれません。

というのも、引き寄せの法則の法則とは簡単にいうと、自分の中にある波動と同じ(似た)波動同士が引き合うものなんですよね。

自分の中にある波動とは、自分の思考、いつも考えていること、気分、状態、思い込み、イメージしていること信じていること過去の記憶などなどです。

このなかに、自分はダメなやつ、できないやつ、自分が嫌い、大切にされなくてもいいなどなど、自分に対してネガティブなものがいっぱいあったとしたら、やはり、それらの波動に似たようなもの、つまりは、自分をそういうネガティブな気持ちにさせるものたちが集まってくるのです。

逆に、自分を愛おしい大切だと感じ、自分って素晴らしい、ただ生きているだけで最高だ、と考えたり思っていれば、その波動に似た波動が集まり、さらに自分ってそうだよねと思わせてくれるような人や、ものや、出来事が起こってきます。

なので、いろんなことを願ったり望んだりすると思うのですが、やはり「自分に対する内側の思い」が結局、どの望みや願いのなかにも反映されてしまうので、この土台の部分である「自分」を受け入れていく、認めていく、肯定していく(=自愛)は大事なのですね。

またさきほど

相手を理解したい、知りたい、繋がりたいと思うことは、私たちの深くに備わっている欲求でありそれも愛なのです。

自分に関心を持って、深く知ろうとすること、繋がろうとすることは、もうそれそのものが、自分に向ける愛なのです。

とお伝えしました。

実はこれって、源(ソース)がソースというものがなんであるかを知りたい、自分のなかに何が内包されているのかを知りたい、だから私たちという存在を創造した、という事と全く同じことなんです

→この記事を参照にしてね

なので、源(ソース)は、ソースがなんたるかを知りたいのとそれを意図したように、ソースの一部である、私たちも自分のことを知りたい、という欲求が止まることはありません。

そして源(ソース)が私たちの体験を通して、自分のことを知ることが喜びであるように、私たちが自分の内側のものに気づき知ることは、この上ない至福であり、私たちが自分を知ろうとすることは、それそのものが源ソースの視点と波動に一致していくことでもあるのです。

そして、ソースが自分の一部でもある私たちを無条件に愛し観察し愛でているように、私たちも内側にあるすべてを、どんな醜いものでもネガティブなものでも否定することなくそこにあるのを認め、受け入れてただ観察し眺める。

これもまた源(ソース)の視点と一致する視点であり、源(ソース)の波動と一致していくことなのです。

つまり自愛をすることそのものが、そのまま源(ソース)の波動と一致していくことでもあるので、創造のエネルギーがどんどん流れ込んでくることと同じということ。

逆に、引き寄せの法則とかによくあるパターンなのですが、否定感情とか持ってはいけない!と「ネガティブな感情をもつ自分はダメ!って否定する」ということは、もう源(ソース)の視点とズレまくりなので、ただあることを、眺める、認めるだけで本当はよいのです。

その観察と受容のあり方そのものが、源(ソース)が私たちを観察し愛でる視点と重なっている。

より詳しく知りたい人は、これを合わせて読んでみてね。

結局「自愛」がしっかりできていると、普段から源(ソース)の視点・波動と一致しやすいし、ズレてもすぐ戻ることもできます。

逆にできていないと、どんなにイメージングやアファーメーションしていても、普段の生活の中で源(ソース)の波動と一致しない時の方が多くなってしまうので、なかなか望みも叶いにくくなってしまうんですね。

なにか上手くいかない時は、とにかく自分に矢印を向けて自分の内側をみて自愛に戻る。これだけでも、いろいろなことがスムーズに進みだしますよ。

わたし
わたし

ちなみに、わたしは、これらのことからも、自分を知る、知ろうとすることが実は究極の自愛なのではないかと思っています

潜在意識と自分を愛すること

あなたはパーフェクト

さて、最後は「潜在意識」における自愛の効果についても、みていきましょう。

「潜在意識」も「引き寄せの法則」とほぼ同じです。ただ表現の仕方が違っているという感じかもしれません。

「潜在意識」はこれまた簡単に言うと、無意識のなかに入ってる思考(思い込み・観念)にそって現実をつくっていく、自動操縦のような意識です。

その意識にそって私たちは現実に対して反応し、この時はこう考えて、こういう感情を出して、こうやって行動する、というようなプログラムが瞬時に自動で動き出し、私たちはその通りに考え、感じ、行動します。

その意識はまさに無意識なので、自分がどんな思い込みや観念を持っているかに気づくまでは、自動的にそうなってしまう。

この潜在意識の中に、やはり自分に対する否定やネガティブな思い込みが入っていると、結局はその否定やネガティブな思い込みに沿うように考えて感じて行動してしまうのです。

幸せになりたい!!と頭では思っていても、自分にはそんな価値がないと潜在意識で思っていれば、その自分には幸せになる価値がないというプログラムに沿って、わたしたちは行動を起こしそういう現実を創り出します。

そのため、私たちはまず、自分は幸せになるのは当然であり受け取る価値があり、どんどん幸せになっていい、と自分に対する潜在意識のプログラムを書き換える必要がある。

引き寄せの法則であっても潜在意識であっても、何かの願いや望みそのものよりもまず自分自身に対する考えや扱いを変えるのが大事なんです。

自分の存在そのもの>望み・願い←重要!!

以上のように、引き寄せの法則においても潜在意識においても、なにか叶えたい望みや願いがあるのなら、いろんなメソッドをするのもヨシですが、まずは何よりも「自愛」に取り組むことをおすすめします。

まとめ

素敵な愛

以上、自分を愛することとはどういう状態をいうのか、引き寄せの法則や潜在意識における自分を愛することのの役割についてお伝えしてきました。

おそらく引き寄せの法則や、潜在意識について知ろうとし、また「自分を愛する(自愛)」という概念に出会う人は、多かれ少なかれ、何かの悩みを抱えていてそれを解決したい、もしくはなにかの願いを叶えたいと思い、出会っている方がほとんどですよね。

それらの悩みや問題、望みや願いを通して「自分を知ろうとする、自分を愛する」という事の大切さに気づける機会ができたことって、実は本当にラッキ―なことなんです。

なぜなら、それは自分を幸せにして幸せな人生を創造するための大事な土台だから。

なので、もしかしたら最初は、自分の願いや望みを叶えるための、問題を解決するやり方のうちの1つとして、自愛を始めるかもしれませんが、できればぜひその為だけではなく、自分を知り自分を愛することそのものが喜び、として行ってみてください。

わたし
わたし

その時だけではなく、ずっと続けてみてください。

自愛を何かを叶えるツールとしてではなく、ただ自分のために、あたり前のこととして行うようになれば、あるときミラクルが起きるだけではなく、生き方や人生の質そのものが大きく変わっていきますよ。

そのためにも、まずは大前提である、自分を愛するってどういうことなのか?についてお伝えしました。

自分を愛するための実践的なやり方については、今後また別記事でいろいろお伝えしていくので、楽しみにしていてくださいね!

良かったらポチポチしてね♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


引き寄せの法則ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました