意図的創造に不可欠な「決める」について、引き寄せの観点から説明するよ!

祈る女性 引き寄せの法則 基礎編

引き寄せの法則や、潜在意識などについて学ぶと、自分がどうありたいのか、望みや願いはどんなことでなにを創造したいのか、についてまずは「決める」のが大事です、と聞いたことはないでしょうか。

「決める」とそうなる、だから、まずは決めましょう。

わたし自身、この言葉を聞くたびに、そうか「決める」が大事なのか、とは思うものの、結局「決める」ってどういう感覚なんだろう、決めたのになにも現実が変わらないのですが。。。と思うこと数知れず、、、。

しかし「引き寄せの法則」を理解してから、自分がどういう意識を持って、どんな感覚で「決めれ」ばいいのか、そしてどうして決めたらそうなるのか、ということが分かってきたのです。

じつは、この「決める」の大事な鍵は、その前の自分がどんな意識状態でいるのかがとても大切だったのです。

今回はわたしと同じように「決める」ってなんぞや、どういう感覚で「決めれ」ばいいのか、引き寄せの法則の観点から「決める」ということはどういうことなのか、について詳しく説明していきますね。

あなたにとっての「決める」ということが軽やかで、楽しい感覚になればうれしいです。

「決める」は食べ物をオーダーするのと同じ感覚とはいうけれど

まず、これからあなたがどうありたいのか、どんな願いを叶えたいのか「決める」のが先だよ、と説明される時、それは

「ファミレスなどに行って、まず自分がなにを食べたいかを決めて、それを注文するのと一緒のことだよ」

ということを聞いたことはないでしょうか。

わたし
わたし

自分が食べたいもの(欲しいもの)を決めて、オーダーして待っていれば、そのうち食事は運ばれてくる。でも、なにを食べるか決めないとそもそも来ないよね、っていう、アレですよ。

たしかに、その通りといえばその通りなのですが、お約束ごととして、実際に目の前でここに存在している人に伝えて、作ってくれて食事が出されていくという、実際に物理的にも過程が目に見えていて、体験していて当たり前に感じれることと

実際に目に見ることができない宇宙に、自分がこうしたいと思ったことを、誰に介して伝えるわけでもなく意識しただけ(決めただけ)で、目に見えない動きがあって、それが物質化してそうなっていく、のも同じでしょ、と言われても、なんというか、わたしは確信できる意識になかなかいけなかったんですよね(笑)

もちろん、その「決めたら叶う」という体験を(ファミレスと同じように)何度も出来ている人は、もうそれが当たり前に、そういうものだと潜在意識で認識できて、決めたら叶うが当たり前になるんだと思うのですが。

わたし
わたし

そういう体験が乏しかった私には、その決めればそうなるものだ、という感覚でいることのハードルが高かったのです。。。。

でも、これが引き寄せの法則の、源(ソース)の意識、について理解が深まっていくにつれて、その決めるという感覚を「どんな自分で、どんな意識からすればいいのか」ということが、分かってきたんですよね。

そうすると、抵抗なく「決める」ということができるようになってきたんです。

これは、そもそもの「自分自身に対する見方も変わったから」というのも大きな理由だったのですが、それらについて詳しくお伝えしていきますね。

確信をもってそうなると信頼して、決めるという感覚を育むには

地図を読む女性

こうすると決める、こうなると決める時、それが例えばどこに旅行に行くとかだと、すんなり「決める」の感覚ってわかりますよね。

それは大前提に、自分はそうできる、そこに行ける、そうなる、という根底に確信というか自信があるのではないでしょうか。

これらはだいたい、過去に何度か実際にそう「できた」という体験から、その確信が自然と生まれています。いわゆる成功体験ってやつですね。

しかし、やったことがないこと、自分でもこれできるかなと思うこと、大きな望み、大きな願い、というのは、「それができる自分である」という自分に対する自信や確信、もしくは自分を信じる気持ちが、なかなか持ちにくかったりします。

わたし
わたし

むしろ、初めてであればあるほど、自分にとって大事であればあるほど、不安や恐れ、できるはずがない、という自分への否定の方が断然大きくなってしまいがちですよね。

これは、私たちのエゴの働きによるもので、もともと誰もが持っているので仕方ないのですが、この状態で、いくら「決めるんだ」「決めればそうなるんだ」と思ったところで、根底では自分を信じられない、無理だと思っているので、頭では「決めた」けど、そうならないということのほうが具現化します。

現実化するのは、いつでも本当に心の奥で信じているもの。つまりそれは無意識にそちらの方を自分が選択していて、決めているともいえる。

そのため、頭で決めた(つもり)のものと、本心で決めているものが違っていることも多々ある。

これはいわゆる「抵抗」というものでもあるので、これがあると願いはなかなか叶いません。この仕組みについてはこれを読んでみてね。

なので、何かを決めようとするときには、自分の頭の中から聞こえるエゴによる否定の声にすぐに気づき、その度に打ち消していくか、本当は「決める」前の、自分の状態を、こういう自分ならできるだろう、自分ならやれるという信頼を育む、持つことが大事なのです。

じゃあ、その育み方ってどうししたらいいの?ってなりますよね。この育み方には2つ方法があります。

1つ目:小さな成功体験を積んでいくこと。

これは、なにか自分で必ずできるだろうと思うことを、「意識的に決めて」から行っていくことをするといいでしょう。

たとえば、今日はこれを食べる、今日はここに行く、今日はこんな風に過ごす、今日はしっかりメイクをする、などなど、普段は当たり前過ぎてあまり意識せずにやっていることも、「わたしは○○をする」と決めてやるのです。

「決めた」→「やって、できた」この回路を、日常の中の本当に小さなことで、意図的に体験していくのですね。

わたし
わたし

この場合は、本当に些細なことからやるといいよ~。

自信がついてきたら、どんどんその「決めて」→「やる」のは範囲を広げていくといいでしょう。

この意識と体験の積み重ねが、自分の中で、自分は決めるとできる人なんだ、というように落とし込めてきて、自分が決めれば、そうなる、ということをすんなりとできるようになります。

2つ目:そもそも自分が源(ソース)の一部であることを思い出すこと

これは、自分が源(ソース)であることを思い出して、源(ソース)の意識から決める、という感覚になる、ということです。

わたし
わたし

いきなり、これだけ言われても、なかなか分かりにくいですよね(笑)

ちなみに、はじめてこの記事から読んでソースってなに!?って方は、まずこちらの記事を読んでくださいね♪

これについては、これから説明していきますが、もしすぐ分からなくても、そうなのかな~?くらいで、意識をもっていれば大丈夫なので、まずは読んでみてください。

さて、ではこの「ソースの意識」って、そもそもどういう意識かというと

→最高に素晴らしくて、本来はなんでも自分で創造できる、自分の望みどおりに生きる、できる、やれる、のが当たり前のパワフルな「存在」そのもの。

→その自分が、本来のあり方であり、スタンダードであり、できない、やれない、自分なんて価値がない、と思う方が、そう思うことの方が「むずかしい」ことだった(そういう立ち位置、に本来いた。)

という意識です。

もしかしたら、ここがそもそも、??かもしれませんが、それでも、この概念そのものに触れていると、だんだんとそうなのかも、と思えるようになるので、この見方が自分の新たな視点、感覚になるまで、何度でも意識してほしいのです。

わたし
わたし

というか、これが本来の私たちの姿であり視点なので、必ずフォーカスしつづければ思い出していくから大丈夫

しかし、そういわれても、それが本来の自分の姿なら、なんでこんなに大変な目にあったり、苦労したり、叶わないとか嘆いたりしてるのさ、全然そんな風に思えないんですけど!と思うかもしれませんよね。

次の章では、なぜ私たちはそのソースである意識を忘れてしまったのか、についてお伝えします。

できない、やれないの否定感情が出てきても大丈夫

くまと僕

さて、私たちは上記でもお伝えしたように、「本来なんでもできる、実現できるのが当たり前」の素晴らしい存在であり、そういう意識でいるのが当たり前だったのに、なぜ今のように「できない、やれない、自分なんて」という意識の方が当たり前になってしまったのでしょうか。

何かのせい?何かの陰謀?とも思いたくなってしまいますが(笑)しかし、これらは実は、私たちが望んで、体験したかったことだったのです。

どういうことかというと、わたしたちは源(ソース)の意識のままでは、「叶わない、できない、難しい」いうネガティブと呼ばれる体験ができませんでした。

なぜなら、願った瞬間に願いは叶い、望んだ瞬間にそうなっているからです。

しかしその状態では、できる、叶えられるという「喜び」も「幸福感」も体験できないし、それがどんなものかも分からりません。

わたし
わたし

思った瞬間にそうなるという次元では、悲しみや苦しさもないけれど、叶った喜びも幸せも、感じる間もないよね。

「出来ない」を体験するからこそ、初めて「出来る」も体験できるのです。ソースは、ある時にそれを体験したいと思ったのです。

そしてさらに、ソースというもののなかには、どんなもの(思考や感情や波動)が内包されているのか、ソースとはどんな存在であるのか、それらもすべて知りたいと思いました。

そのために、源(ソース)は私たちという存在を生み出したのです。なぜなら、私たちという存在(もちろん他にもあるたくさんの存在)に様々な体験をしてもらうことで、確かめようとしたから。

ソースは私たちを生み出すことで、「ひとつ」だったものから、それらを観察できる観測者という存在になったのです。

そして、それは大成功でした。

ただ、私たちは、繰り返し転生していく中で、「できない、やれない、無理、自分には価値がない」という体験を楽しみ過ぎるようになりました。

わたし
わたし

最初はこっちの意識になることの方が難しかったのに!

そうして、すっかりもっとも大切な、「本来、自分たちはソースであること、そのソースの視点」を完全にど忘れしてしまったのです。

わたし
わたし

でもど忘れしないと、この極限までのネガティブなことも体験できないので、仕方ないんですけどね

そうなると、今ここにいる自分は、肉体の中にいるだけの自分だけであると思うようになり、さらに度重なるネガティブ体験により、自分のことをとても小さな無力な存在である、と思い込むようになってしまったのです。

なので、この人間意識だけでいる自分だと、どうしてもなにか決めよう、やろうと思っても、無力感や、諦め、不安、恐れ、できない、という思考が強く働くようになっちゃうのも、ある意味仕方ないんですね。

なので、そういう気持ちが出てきても、あまり自分を責めずに、あ、出てきたなと気づいて、根気づよく意識を切り替えていってみてください。

繰り返し思考の切り替えをしていったり、また別の考えに意識を逸らしていくうちに、だんだんとネガティブな思考の繰り返しもしなくなっていきます。

源(ソース)である自分の意識を思い出すには

さて、私たちは人間意識のみによって、どうしても自分に制限をつけがちなのですが、どのようにしたら源(ソース)の意識を思い出せるのでしょうか。

これは実はとても簡単で、特になにか特別な儀式をしなければいけないとかはありません

やってみるといいのは

・ソースという存在があるということ、自分たちもそこから生み出されていて、そのソースの一部であること、このことを何度もなんども繰り返し意識して落とし込んでいく。

・いい気分になること、楽しむこと、夢中になること、ワクワクすることをたくさん見つけだして、味わって、ソースと繋がる時間を増やしていくこと。

・頭の中の否定が大きい場合は、瞑想をして呼吸に集中して否定的な思考を減らしていく、ペットと戯れる、寝る、散歩して身体を動かすなどして、あまり思考をしないようにする。

・ネガティブな感情、できないという気持ちが出てきたら、自分は今そう感じているんだな、とそれを否定することなく眺めて受け入れつつ、それでも自分はどうしたい?本当は何がいい?と問い直すこと。

など、その時々によって、今これが必要だな~と感じることを取り入れていくと変化を感じるはずです。

わたし
わたし

あとは根気づよく繰り返すことが一番大事!

そんなシンプルなことでほんとに変化するの?嘘でしょ?と思うかもしれませんし、この源(ソース)の意識なんて、ほんとうに思い出せるの?そっちの方が難しくない?と思うかもしれませんが、何度も繰り返しフォーカスしていく中で、ちゃんと変化していきます。

またいい気分でいて、ソースとの繋がりを深めれば深めるほど意識も勝手に変化していきます。

なぜなら、わたしたちは、もともと源(ソース)であり源(ソース)の一部なんです。

そうでないものに「なる」のではなく、忘れてたことを「思い出す」だけなので、実は本来の自分を思い出していくことは、忘れていくことよりも、もっと「簡単」なこと。

そして、もうそういう情報に触れた、出会ったということ自体が、それを思い出す準備をしてきたと言ってもいいでしょう。

それを思い出したくない人、忘れたままでいたい人は、これらの情報を目にすることすら、ないのです。だから安心してください。

少し話が逸れましたが、このように、自分自身がソースであり、その一部として物質としての身体を持っている存在だという、今までにない(忘れていた)概念を意識するようになると、だんだんとソースとしての視点、と今、身体を持っている人間としての自分の視点、という2つの視点を思い出すようになります。

少しずつでも、このソースである自分ということをくり返し触れ、ソースである意識にフォーカスしていくうちに、必ず自分自身の本来のパワーを思い出していく。

そして、だんだんと自分はちっぽけではなく、素晴らしい創造のパワーを使える存在なのだと思えるようになる。

その感覚が芽生えてきたら、どんどん変化していくので、ぜひソースである自分をたくさん意識してみてくださいね。

なぜ意図的創造には「決める」が必要なのか

笑顔の女性

さて、最後はなぜ「決める」が大事なのか、それをお伝えしていきます。

これまでにも、何度も説明してきた通り、私たちは源(ソース)から生み出された、ソースの一部であり、言い方を変えるとソースがある意思をもって、私たちをクリエイトすると「決めた」から創りだされたものです。

つまり、創造するにはなにを生み出すか、どういうものを創るのか、やはりまずは「決め」なければいけない。それがすべての始まり。

そして何より大事なのは、私たちは本来は自由に「選べる」位置にいる存在ということ。

もっというと、なんでも自由に選べるのが創造できるのが当たり前。だから選んで決めないといけないのですね。

なので、この意識になるには、今までの自分の制限思考や「できない」「やれない」「選べない」があたり前だった感覚を、思いっきりひっくり返していくことが必要です

そして私たちのいる物質世界は、多種多様な価値観があり、多種多様な思考があり、多種多様な存在たちがいます。これは自分が望むものがなにかを明確にしていくのに、とても役立ちます。

あなた方に焦点を定める力がないのなら、その心配も理解できます。けれど、あなた方は焦点を定めるという仕組みになっていて、自分が選んだ対象に関心を注ぐ力があるのです。

だからあなた方本来の広やかな視点からすれば、選択肢のないビュッフェよりもたくさんの選択肢があるビュッフェの方がはるかに良いわけです。

引き寄せの法則 エスターヒックス ジェリーヒックス

わたしたちは、ソースの意識を思い出し、そのパワーを思い出した自分で、それらの中から、自分がどんな世界を望んで、自分でクリエイトしていくか、このたくさんある材料の中から、自分の必要な材料がなにが必要かを、どんどん「決めて」いく必要があるのです。

わたし
わたし

源(ソース)が私たちをクリエイトしたように、わたしたちも、この物質世界で、自分でなにを創りたいかを「決めて」創っていくことをしていくんだね。

これが今までのネガティブな体験を楽しむことをやめて、身体を持ちながらソースの意識で生きていくという、今までにない新しい遊びになるのです。

自分にはパワーがある、と思いだした、ソースの意識でいると、「決める」は「自分が生み出していく」という、クリエイティブなことなんだなって、きっと感じるはずですよ。

まとめ

光を集める

以上が、「決める」の前にどんな意識でいるのが大事か、その意識になっていくにはどうしたらいいのか、についてお伝えしました。

これは、本当にテクニックとか関係なく大元の大前提の意識の待ち方の話なのです。

私たちは、肉体をもった源(ソース)であり、ソースエネルギーの一部です。ちっぽけで無力でパワーのない人間、というのは本来の私たちの姿ではありません。

これは感覚で掴んでいくのが大切なので、頭だけで理解できるものでもないのですが、でもやはりまずは「そうなのかな、、、。もしかしたらそうなのかも、、、?」と初めの一歩として認識を持つことがとっても大切なのですね。

今回の記事が、その本来の自分を思い出していくきっかけの一つになれば嬉しく思います。

そして、これからはソース視点を持ちながら、自分はなにを選んで、なにを創っていくか、ワクワクしながら自分で決める人生にしていきましょう~!


良かったらポチポチお願いします♪

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村


引き寄せの法則ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました